脂漏性皮膚炎による薄毛を改善。生え際や全スカの独自治療法

脂漏性皮膚炎の薄毛と生え際や全スカの改善法

*

成長因子8種配合Deeper3Dの使用感・感想レビューなど

      2017/05/18

main

購入したDeeper3Dのレビュー・感想です。

なぜ13,860円もする育毛エッセンスを買ったのか?

【図解】ミノキシジルが発毛を促進する2つの理由。の記事にも書いていますが、理由は3つあります。

1. 調べてみたらDeeper3Dは成長因子自体を配合している、ミノキシジル以上の育毛剤だから
2. ミノタブの限界がきたので、ターボをかける為に

他にも細かい理由がありますが端折ります。
一番はミノタブの限界ですね。

 

Deeper3Dはどんな育毛エッセンス?

img01
先ほどから育毛剤ではなく、育毛エッセンスと言ってますが、Deeper3Dは育毛剤ではないんです。
育毛剤と呼ぶには、厚生労働省から『医薬部外品』の認定が必要になります。
このDeeper3DはBUBUKAやチャップアップ、ヘアドーンと違い、『医薬部外品』ではありません。
化粧品という部類に属します。だから育毛剤と呼べず、育毛エッセンス、または頭皮美容液と呼ばれるんですね。

 

医薬部外品でもないのに良いものなの?

これは自分もかなり調べました。
実は、医薬部外品には配合出来る成分に制限があったんです。

▼こちらをご覧下さい
→ http://www.mongoryu.com/deeper/iyaku_bugaihin.html

上記はDeeper3Dの公式サイトに記載されている事柄です。

医薬部外品の配合可能成分に効果の優れた最新の成分が含まれていない点、
配合が認められている成分であっても配合濃度に制限が設けられている点です。
この時代遅れの法律により、効果を高める目的で最新の成分を配合したり、成分を高濃度で配合すると、厚生労働省は医薬部外品として承認しません。言い換えれば、医薬部外品では製品の効果を高めることができないのです。
これは市販されているすべての医薬部外品に言えることです。
だから医薬部外品では月並の製品しか
開発できず、育毛も発毛もできないのです。

これを初めて知ったとき、ホント日本の医療はどうかしてると思いました・・・。
こんなんじゃいつまでたっても、良い育毛剤なんて世に出回らないですよ。
法律を変えないと無理ですね。

だからDeeper3Dの販売元アルファウェイさんは「化粧品」にしたんですね。

Deeper3Dを医薬部外品にする場合、成長因子を配合することができなくなるそうです。
さらに、配合濃度。各種成分の配合濃度を30~40%も減らさないといけないんです。
現在販売されている、医薬部外品育毛剤って・・・すごく薄い・・・??

 

だからこそ化粧品のDeeper3Dなんです

img02
※今回はモンゴ流シャンプーとのセットを購入しました。
配合成分の濃度の制限もなく、成長因子を配合しているので購入しないという選択肢はありません。
今後、医薬部外品育毛剤はおそらく衰退していくでしょう。
時代は成長因子自体を配合する育毛エッセンスですから。

 

Deeper3Dに配合される主な成分

seibun
FGF-7・FGF-1をはじめイソカプでおなじみのIGF、馬プラセンタなど8種類配合されています。
その他にも、男性ホルモン抑制作用のある天然エキスが5種類。
ビタミン12をはじめ、脱毛指令を抑制するというビワ葉エキスが配合されています。
医薬部外品以上の成分が配合されており、価格以上の納得成分ですね。

▼詳しくはこちらで解説しています。
生え際の薄毛向け。成長因子配合育毛剤Deeper3Dについて

 

実際に使用してみて

img03
特に問題なく、使用できています。現在使用2週間目ですが、初期脱毛や副作用もなく、かぶれや痒みもありません。
肝心の発毛ですが・・・さすがに2週間じゃ生えません(笑)
まずは3ヶ月みてみます。

60mlで13,860円です。
ミノキシジルの場合、1mlを朝晩1日2回やります。計算上は30日でなくなります。
高すぎるんですが、私の場合は生え際のみにしか使用していません。

実験と言えば実験ですが、生え際はミノキでは十分に回復しませんでしたので、ここに生えればミノキシジル以上が証明できます。

証明したからなんかあるわけではありませんが、ミノキシジルの代用品として十分に使えるということになりますよね。
ミノキシジルに限界を感じていたので、少しでも変化があればいいです。

効果が確認できたら、徐々に回数を減らし、維持できるか実験するつもりです。

またご報告いたします。
deeper3d

 - 体験・レビュー・感想 , ,