脂漏性皮膚炎による薄毛を改善。生え際や全スカの独自治療法

脂漏性皮膚炎の薄毛と生え際や全スカの改善法

*

生え際後退、M字、てっぺんはげの男性型脱毛症(AGA)

      2016/03/11

aga_001

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のこと。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方または両方薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。

抜け毛がどんどん進行し、うす毛が目立つようになります。

AGA(エージーエー)の人は全国で1,200万人以上、そのうち気にかけている人は約800万人、何らかのケアを行ったことのある人は約650万人といわれています。実に半分くらいの方が何もケアをしていないということになります。

何もしなければただ薄くなっていく一方。そして男性型脱毛症は進行がかなり早いです。数か月でかなり薄くなってしまいます。
気になってきたらすぐに対処することを心がけるべきです。

スポンサーリンク

AGAの原因

aga_002

AGAの原因は主にジヒドロテストステロンと言われる男性ホルモン。
ただ、このホルモンは普通の男性ホルモン(テストステロン)とは違い、強化された男性ホルモンです。

血液中には男性ホルモンが含まれています。

頭皮の毛細血管を通り、毛乳頭へと流れ込み、毛乳頭に存在する2型5αリダクターゼと言われる「悪玉酵素」によって男性ホルモンは強力な男性ホルモン(DHT)へ変化してしまうんですね。

そして、実はこの「5αリダクターゼ」が男性型脱毛症の一番の原因なんです。

5αリダクターゼとは?

5αリダクターゼとは、人体に存在する酵素のことで、1型5αリダクターゼ・2型5αリダクターゼと2種類あります。

一般的には、2型が影響が強いことで男性型脱毛症になると言われていますが、私は1型もかなり影響していると考えています。

というのは、2型5αリダクターゼは生え際と頭頂部の毛乳頭に多く存在し、側頭部・後頭部にはほとんど存在しません。だから波平さんのように側頭部と後頭部の髪の毛が残るというわけです。

しかし、1型5αリダクターゼは頭皮全体の皮脂腺に存在しています。

全体的に存在するのであれば、生え際・頭頂部+全スカの場合は、1型もおおいに影響しているといえないだろうか?ということ。

私の勝手な妄想ですが、実際1型も抑制するデュタステリドを服用してますが、進行はしていません。

医師は全く関係ないと言われますが、全スカの原因は不明と言われている以上、ゼロではないかと私は思います。

AGAの対策

DHTの60~70%は2型5αリダクターゼと男性ホルモンによるもの、残りの30~40%は1型5αリダクターゼと男性ホルモンによるものです。

より割合の多い2型を抑制することで影響を防げる。というのがよく聞くプロペシアなんです。

プロペシアは服用することで、2型5αリダクターゼの影響を阻害できるようになるんですね。

しかし、稀にプロペシアでも効かない人がいます。

その場合は、より強力に2型5αリダクターゼを阻害するデュタステリドを服用します。

デュタステリドのいいところは、2型をプロペシアの1.5倍以上阻害するとともに、1型も阻害します。

プロペシアは1型を阻害しません。

1型の影響を受けている可能性のある人は、デュタステリドを服用すべきということなんですね。

今まで、日本ではデュタステリド配合薬は認可されていませんでした。しかし、ようやく効果が認められ、2014年12月に厚生省によって承認されました。薬にはかなり厳しい日本が承認するのはかなり珍しいことで、ミノキシジルも海外から知れ渡ってくるのに相当な時間がかかったほど。

海外で主流の副作用の非常に少ない、がんの新薬も最近になってようやく使用可能になったみたいです。

日本の医療がホントに遅れている証拠。

各病院やクリニックでも扱うことが可能になったので、プロペシアが全く効かない!という方は試してみてはいかがでしょうか。

自分はフィナステリドのほうがいいの?デュタステリド?


迷った場合は、一度クリニックへ行き、検査したのち購入するという方法もあります。

まずは、自分が本当にAGAなのかどうか調べるのも手。

生え際が薄くて、AGAだと思ってフィナステリドを飲んでいて、いざクリニックへ行き、検査した結果、実はAGAではなくフィナステリドなどが効かないびまん性脱毛症ということも十分にあり得ます。

びまん性脱毛症は、フィナステリドやデュタステリドを飲んでも効きません。男性ホルモンが原因ではないので。

ミノタブ+成長因子などの治療法となるでしょう。

そういった「無駄を省く」という意味では、一回クリニックで無料相談と検査だけしに行ってもいいかもしれません。

→ AGAクリニックの一覧

 - 育毛・AGA対策情報