脂漏性皮膚炎による薄毛を改善。生え際や全スカの独自治療法

脂漏性皮膚炎の薄毛と生え際や全スカの改善法

*

痒い・赤い・カサカサの脂漏性皮膚炎にステロイドは危険。

      2016/03/13

sateroid_main

  • 乾燥して痒い。
  • ブツブツができる。
  • 炎症を起こして赤くなる。

こんな症状で、病院へ行くとほぼ間違いなく脂漏性皮膚炎と言われるでしょう。
そして、ステロイド外用薬とニゾラールクリームを渡されます。
そして一週間後。全く症状が引かず再度病院へ。

スポンサーリンク

 
ステロイドはもう使えないから、プロトピックを塗りましょうと処方されます。
ここから悪夢の始まりです。

プロトピックによる症状の悪化

プロトピックとは、主にアトピー性皮膚炎の患者に処方される、免疫による赤くなる反応を鎮めるお薬です。
ステロイドではないので、一週間以上使用しても良いとされています。

そしてプロトピックを2週間分処方され使用し始めます。
確かに、一時的には赤みは引きました。

しかし・・・

日に日にブツブツの範囲が拡大。さらに赤みも拡大。
鼻の両脇の少しのエリアだけだったのが、あごや頬の下などのフェイスラインはもちろん、口の回りが真っ赤になり皮膚がゴツゴツし始めました。

最悪のパターンです。

塗っても塗っても引かず、範囲はさらに拡大。
皮膚はさらにブツブツが増し、ニガウリの皮のような皮膚になっていきました。

さすがにおかしいと思い、2週間経たないまま違う病院へ。

「酒さ様皮膚炎ですね」

酒さ様皮膚炎とは、ステロイドの副作用で起きる皮膚炎の事で、一度発症すると何か月もかかる恐ろしい皮膚炎です。

主な状として

  • 皮膚が真っ赤になる
  • 毛細血管拡張のせいで皮膚が熱を帯び、乾燥する
  • 皮膚が固く、ゴツゴツしてくる
  • 細かいブツブツが出来る
  • 顔だけではなく、全身に及ぶこともある

何故こんなことになったんでしょうか?

原因は恐らくステロイドとプロトピック。

医者は色々なものを塗りずぎているからと、詳細は不明とのこと。

自分で調べた内容では、どうやらプロトピックにも副作用があるみたいで、赤みは緩和させるが、ブツブツを悪化させる副作用があることが分かりました。
もちろん、人によるみたいですが、運が悪いと悪化するということです。

脂漏性皮膚炎から酒さ様皮膚炎になったのは、私の彼女です。

ほぼ毎日泣いていました。

27歳の女性には辛すぎます。
職場ではもちろんマスクを着用し、食事以外は必ずつけています。

ファンデーションで隠しても、近くで見るとゴツゴツした肌がすぐに分かります。
女性ならこの気持ちが痛いほど分かると思います。

別々の家に住んでいましたが、これをきっかけに一緒に住みました。
一人だと毎日辛くてどうしよもないそうです。
家から出なくなり、友人とも会いたくないと、完全に引きこもっていました。

現在、別の皮膚科でいただいた、漢方薬のみ服用しています。
塗り薬は一切禁止。化粧水も無添加で肌に刺激の少ないもの。乳液は絶対にダメらしいです。

漢方薬を飲み始めて2週間がたちますが、経過は可もなく不可もなくといったところ。
悪化はしていませんが、そんなによくもなっていません。

有効な手段は色々あるみたいで、抗生物質の投与や漢方だけで治すといった方法があるようです。
しばらくは病院へ通い、耐える日々が続きそうです。

今回のことを通してお伝えしたいのは、ステロイドは本当に怖いということ。
「自分は肌が強いし、アレルギーもないし多分平気でしょ。」と思っている方も少なくないと思います。
ですが、一度副作用が起きてしまったら、何か月も辛い日々を過ごさなければならないということ。

「病院へ行けば大丈夫。」

そう思っていた結果が今回の事です。病院も3件回ってます。

脂漏性皮膚炎で病院行く場合は、なるべくステロイドを使わず、なるべくプロトピックも使わない皮膚科へ行くことをお勧めいたします。

医者でも予期せぬことが起きるのが、医薬品の嫌なところです。

 - 脂漏性皮膚炎について , ,